昆虫少年みねやまによる昆虫日記
http://oxyambulyx.blog54.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
どうか Mineyama と発音してください。
2009-06-18 Thu 00:26
このところ投げ遣りな記事が続いていたので昆虫成分の補給です。

おそらく誰の利益にもならぬ「伐採木とその付近で得られたカミキリムシ」
を載せておきます。
要するに採集記録ですね。

◇神戸市北区における今年5月23日・6月14日に採集されたカミキリムシ(敬称略)

・5月23日(土)

【ミドリ・キイロトラ・エグリトラ・シラケトラ・ホタル・ベニ・ゴマフ・ヤツボシハナ・ツヤケシハナ】
キクスイモドキ・ヒメナガサビ・トガリシロオビサビ

・6月14日(日)

【ミドリ・キイロトラ・エグリトラ・シラケトラ・ホタル・ベニ・ゴマフ・ヤツボシハナ・ツヤケシハナ】
シロスジドウボソ・キスジトラ・クビアカトラ・ヤハズ*

【】内は共通して得られた種で、*ヤハズは付近の花に飛来した個体です。

このうち、

シロスジドウボソカミキリ Pothyne annulata annulata

が初採集でした。
割と南西寄りに分布しているようで、脚を見ればなるほどタテジマカミキリと
近い仲間であることが分かりますね。


カミキリムシ繋がりでもう一つ。
一昨日、学校の理科校舎への渡り廊下の壁にキマダラカミキリが。
掃除ロッカーから箒を調達してきて叩き落としました。

(正確には、叩き落として下に落ちたところを階段を駆け下りていって結局は手で採集///)

キマダラ1

Aeolesthes chrysothrix chrysothrix  キマダラカミキリ

まさに天牛。
須磨明石を角振り分けるようにも見えます。

久しぶりの大型種です。
胸に刻まれた皺、天鵞絨に流す斑模様には並々でない自然美を感じます。

これがなかなか静止してくれないので写真の撮り難いことこの上なし。

キマダラ2

さて、今更ですが、

兵庫昆虫同好会の会誌「きべりはむし」第32巻1号(佐用町昆虫館開館記念号)が、
2009年4月4日に発行されました。

採集記録の提供と、短報を一つ書かせていただきました。
それに付随して僕の名前が月刊むしNo. 460にも載ってしまったそうで。

ちょうどカミキリムシ特集号⑨なので購入しても良いかな、と。


別窓 | 採集記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<carbohydrate | 虫学生のツブヤキ | 電車かもしれない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 虫学生のツブヤキ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。